ダイエットピルの特徴と効果

海外医薬品のインターネット通販でも人気上位のダイエット商品にゼニカルがあります。
その人気の秘密は特徴や、有効成分に隠されていることが解りました。
まず、メインブランドであるロシュ(Roche)社が発売を開始したゼニカルは、肥満治療を前提に製造されました。
有効成分である、オーリスタット(Orlistat)を120mg配合しています。
この、オーリスタットは食事直前、または食事中に服用する事で、食品や調理過程で使用される脂肪分を分解する作用があります。
そして、アメリカの厚生労働省に当たるFDAの認可も受けており、非常に安全性の高いダイエットピルと言えます。
通常であれば、脂肪分は食事とともに胃で消火され、残ったものや余分な物質を腸に送り込みます。
この際に脂肪分の幾つかは、腸内に留まり内臓の各所である腸壁に溜まって行きます。
お腹周りに贅肉として現れるのが、この部分になります。
オーリスタットには、その余分な脂分を残さない様に、便と一緒に排出させる作用があります。
脂肪分に薄い油膜を貼って、腸から便と一緒に流れ出やすくしているそうです。
よって、服用後数十時間で摂取した食事の脂肪分と一緒に流れ出る事になり、ダイエット効果を発揮するとされています。
なお、食事を摂っていない場合や、脂肪分が少ない食材だとその効力はあまり確認できません。
逆を言えば、動物性の脂肪分を多く含むものであれば、目に見えてその効果を垣間見る事が可能です。
ただ、これだけでは一定の脂肪を増やさないという事であって、そもそも持っている脂肪をそぎ落とす事にはなりません。
現状より太らない為や、低カロリーの食事療法と一緒に行う事で、リバウンドするのを防ぐ目的として使用しましょう。
さらに、生活習慣病や成人病、特に糖尿病の治療の一環として、使用される場合もあるそうです。

この様に、ダイエットに欠かせない医薬品として定着したゼニカルには、複数のジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリックとは、後開発医薬品の事で、同成分と効能に対し製造工程や錠剤の形状が異なるものを指します。
例えば、サバ メディカ(SavaMedica)社から発売されている2種類の薬があります。
サノリップは、オーリスタット120mgを配合しておりゼニカルのジェネリックですが、カプセルではなく錠剤です。
また、同社のフォビカルはカプセル状ですが、ダイエットピルとして世界中で人気が高いと言われています。
価格に関しては、大差が殆どありませんが、在庫状況はある程度確保されており、多く流通しています。
続いて、ハブファーマ(HabPharma)社の同成分である、オルリガルがあります。
この商品の特徴は、何と言っても価格の安さではないでしょうか。
ゼニカルと同効果でありながら、低価格で販売されております。
その値段は、相場の3割引きで販売されており、在庫状況にも定評があります。

もう一社が、ビーファットを販売しているインタスファーマ(IntasPharma)社です。
こちらは、抗肥満薬と呼ばれ女性に関わらず、男性ににも人気のある商品です。
パッケージもどちらかというと、中年サラリーマン風のお腹が掲載されています。
そのビール腹のような肥満体系が受けている様にも思えます。
さて、脂肪阻害薬とも呼ばれるこの医薬品ですが、臨床データによると体内の余分な脂肪を約30%を、便と一緒に排出する作用があるそうです。
その作用により、腸が油分(脂肪)を吸収する際に必要とする脂肪分解酵素の働き抑制し、吸収を阻止するのです。

ゼニカルは、それぞれ使用する際の目安として食事と一緒、または1時間以内に1(錠)カプセルを1日3回服用して下さい。