キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

医薬品と食品のサポート

ゼニカルのようなダイエットピルや抗肥満薬、脂肪阻害薬と呼ばれている医薬品があります。
今回は、健康食品の中でも、様々なダイエット法があるなかで、リバウンドしにくいとして注目のサプリメントがありました。
桑の葉含有食品は、即効的に痩せる訳ではありませんが、継続的に摂取する事でスタイルをキープできると言われています。
元々は漢方薬の桑白皮として、利尿作用や血圧、血糖降下または、解熱、鎮咳などに用いられていました。
他にも、お茶にして飲んで、効能効果を実用しています。
また地域によっては、葉を天ぷらにして食べる事もあるそうです。
桑の葉は、日本各地に自生するクワ科の落葉樹で、カイコの餌として古来から重要な作物とされています。
含まれるフラボノイド類や食物繊維が、コレステロール値や中性脂肪値を下げます。
悪玉コレステロール(LDL)が活性酸素により、動脈硬化を予防します。
食物繊維には、腸からのコレステロール吸収を抑える働きがあり、γアミノ酪酸(GABA)に血圧の上昇を防ぐ効果が確認されています。
その他、有効成分として豊富なビタミン群、亜鉛、鉄分が含まれています。
中でも、日本人に最も不足しがちなカルシウムの量が多いと言われています。
一時的なものではなく、長期間のダイエットを医薬品と一緒にサポートできるものではないでしょうか。